ホームセンター通販
DCMオンライン

商品点数50万点!3,000円以上のお買い上げで送料無料

カテゴリーからさがす

商品点数50万点!3,000円以上のお買物で送料無料

雑草・芝刈り・庭木・掃除...お庭の手入れを簡単に!園芸機器特集

雑草・芝刈り・庭木・掃除...お庭の手入れを簡単に!園芸機器特集 雑草・芝刈り・庭木・掃除...お庭の手入れを簡単に!園芸機器特集

お庭の手入れは何かと面倒。雑草退治、芝刈り、庭木の剪定、落ち葉掃除...体力と手間がかかる作業ばかり。
そんな時、機械を使えば作業がだいぶ楽になる。お庭のお手入れにおすすめの園芸機器をまとめました。

機械を使えば楽ちん!お庭のお手入れ簡単ガイド

お庭のメンテナンスに必要な作業と、その作業におすすめの園芸機器が一目でわかる!

雑草退治,お庭掃除,庭木の剪定,芝生のお手入れ 庭木の剪定 芝生のお手入れ お庭掃除 雑草退治

刈払機で雑草退治

生い茂った雑草もスイスイ刈り取るのイメージ

生い茂った雑草もスイスイ刈り取る
植物や広い敷地のあるお庭には、雑草はつきもの。
ある程度の面積で生い茂る図太い雑草をすばやく取り払うのに、除草剤よりも刈払機がおすすめ。刈払機にはエンジン式、電動式、充電式があります。

充電式・電動式刈払機

比較的に軽く、扱いやすい。パワーや電池の持続時間、電動式なら延長コードの長さに気をつけましょう。

エンジン式刈払機

パワーが大きく、しぶとい雑草も軽々と刈り取れますが、音が比較的に大きく、専用燃料が必要。

【動画】刈払機の使い方【初心者向け】

もっと見る

芝刈りと芝生のお手入れ

長く伸びる前に芝刈りしましょうのイメージ

長く伸びる前に芝刈りしましょう
切れ味のよい芝刈り機で、芝の成長度合いに合わせて頻度よく芝刈りをすることで、よりふわふわとした密度の高い芝生が作れます。
芝が長く伸びてしまうと、芝刈りの時に生長ポイントごと刈り取ってしまい、芝が枯れてしまう恐れがあるので、長く伸びる前にメンテしましょう。
芝刈り機は雑草用に作られていないので、太い雑草が生えてしまっている場合は、雑草を取った後に芝刈りを行いましょう。刈り取った芝はそのまま放置せず、芝生の成長に邪魔しないように片付けましょう。

芝刈り機・芝のお手入れ道具

動力源や刈り刃の形状によってさまざまなタイプがあります。騒音を考慮しながら作業効率を優先する場合、芝生の面積にかかわらず電動式がおすすめです。

もっと見る

庭木・植木の剪定とお手入れ

剪定作業で樹木の形を整え、病害虫対策にもつながるのイメージ

剪定作業で樹木の形を整え、病害虫対策にもつながる
大きくなり過ぎた樹木を小さくしたり、枝先の不要な枝をおとしたり、庭木・植木・生垣にはお手入れが必要です。
植木の枝を切ることで、樹形を整えたり、見た目がきれいに保たれます。枝と枝の間の風通しを良くしてあげることで、庭木が栄養を効率よく吸い上げたり、生長を促進したり、病害虫の繁殖を予防することにもつながります。
剪定は夏と冬の年2回が理想的と言われていますが、形を整える刈り込み作業は木の種類に応じて時期とやり方を選びましょう。

ヘッジトリマー

植木バリカンなど様々な呼び方があります。生垣や植木の形を整える刈り込み作業を大幅に短縮化、エンジン式から電動式まで様々なタイプがあります。

高枝切りチェーンソー・高枝のこぎり

高い樹木や庭木の剪定用の電動機器。力要らずで、太い枝も楽々剪定できます。

もっと見る

お庭掃除・落葉清掃

落ち葉・ゴミを吹き集め、吸い込むのイメージ

落ち葉・ゴミを吹き集め、吸い込む
お庭の落ち葉や散らかるこまごましたゴミ。
ほうきや熊手、ちりとりなどでかき集めて、ゴミ袋に捨てるのもいいんですが、体力と手間がかかる。お庭用のブロワーや集塵機を使えば、掃除機みたいな感覚でお庭の掃除がはかどります。

ブロワー・集塵機

パワフルな風で落ち葉やゴミを吹き飛ばすだけでなく、効率よく一か所に集められます。集塵機能がついたブロワー・バキュームなら、掃除機みたいに強力にゴミを吸い込むこともできます。

もっと見る

園芸機器用保護具と作業グッズ

保護具を付けて正しく機械を使いましょうのイメージ

保護具を付けて正しく機械を使いましょう
便利な電動工具ですが、使い方を間違えると思わぬケガをしてしまうことがあります。
特にお庭用の園芸機器は刃がついているものが多いので、安全を高める保護具や作業をスムーズに進めるための作業用品を付けましょう。
作業するときは、巻き込みが起こらない服装や靴、保護メガネ、マスクが基本です。

作業保護用品

粉塵が立ったり、小枝などが突然飛んできたりするときに目を守ることが必須です。また、繊維の巻き込みを防ぐため、軍手は厳禁。素手で行うか、作業に合った手袋を使いましょう。

もっと見る

コラムのイメージ

こちらの記事も併せて読もう

お庭のお手入れを簡単に!
初めての方も分かる園芸機器の種類を解説

記事ページへ

該当する結果がありません